ROのSes鯖に住む小規模Gのブログ、RO以外もあるでよ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
PUMA CUP 2009 準決勝
2009-03-15-Sun  CATEGORY: Fリーグ
今日も見てきましたよ~
そしてレポートも書いちゃいます
試合の興奮を思い出しながら・・・(*´∀`*)

<第一試合>

名古屋対大阪

前半攻勢に出たのは名古屋
1stセットを昨日といれかえ、序盤からハイプレスを仕掛けて外国人二人や木暮が積極的にシュートを撃っていきます
そして、2分に早くもマルキーニョスのゴールが生まれます
さらにフリーキックから北原がゴールを奪い、早い段階で2点のリードを奪います
大阪は名古屋のハイプレスに苦しみ、なかなか思うように攻撃が作り出せません
上手くボールを回せず焦りからパスミス、カウンターから最後は前田にゴールを決められ、点差を広げられてしまいます
3点目を奪うと名古屋のプレスが少し下がり、ようやく大阪もペースを取り戻し始めます
ここから両者ともオープンな攻め合いとなり、プレースピードが上がりファールで止める場面が増えていきます
そして、ついに名古屋が6つめのファールを犯してしまいます
この第二PKを決めて点差を縮めたい大阪でしたが、岸本のシュートは枠を外れてしまいます
これ以上ファールをしたくない名古屋はボールを支配するためにパワープレーを仕掛け始めます
しかし、大阪もカウンターからファールをもらい、再び第二PKを獲得
今度は決めたいとこだった大阪ですが、瀬戸のシュートはポストに弾かれ、結局得点を奪うことが出来ないまま前半を終えます

後半大阪はパワープレーで得点を狙いに行きます
何度かカウンターでピンチを招くものの落ち着いてボールを回していき、24分に村上のゴールで一点を返します
しかし、すぐさま完山にゴールを奪われ再び3点差にされてしまいます
そして名古屋もパワープレーを仕掛け始め、ゲームを決めにきます
お互いパワープレーという状況ながらボールキープしている時間は大阪が長く、1-2-2や2-1-2というように攻めの形を変えながらチャンスを覗い続け、32、34分にドゥダがファー詰めからゴールを決め、点差は1点に
これで完全に大阪のペース、終盤まで猛攻を仕掛け続けますがあと1点が奪うことが出来ず、4-3で名古屋の勝利となりました

☆感想☆

昨日とは変わって序盤からハイプレスを仕掛けて点を奪った名古屋の作戦勝ちだったかな
点を取られた直後にも一気に攻め込み点を返せたのも大きかった
また、昨日とは違い個人技で仕掛けに行く回数が極端に少なかったため、チャンスの数は少なかったものの、それをきっちり決めてくる辺り名古屋は強いなぁ

大阪は序盤で失点してしまったことや、前半二回あった第二PKを決められなかったことが痛かったかな
ただ、後半のパワープレーは圧巻でした
昨日の浦安のようなミスも無く、ポジションや形を流動的に変えつつ、あと一歩というところまで攻め込めたのは流石でした
また、細かいミスも少ないためパワープレー以外でもう少し点が奪えるようになれば、上位進出も狙えそうです
最後までドキドキさせられる楽しい試合でした


<第二試合>

神戸対FUGA

神戸は田中が怪我でベンチから外れ、シーズンの主力が大分欠けている状態に
今大会は若手に経験を積ませるのが狙いだったのかな?
対するFUGAは昨日と同じく守備を固めてカウンターから活路を見出だしたいところ
試合前の円陣が特徴的な両チーム、果たしてどなるか

前半開始からお互い攻め合いますが、徐々に神戸ペースになります
しかし、カウンターからFUGAはFKを獲得、このシュートのクリアミスを叩き込んでFUGAが先制に成功します
さらにその直後、神戸のパスミスからカウンターで追加点を奪い、リードを広げます
これで勢いに乗るFUGAは神戸を圧倒し始めます
神戸はパスが上手く回らなくなり、さらにFUGAがハイプレスを仕掛けたため、苦し紛れのロングパスを出し始めます
時間の経過と共に神戸のボール回しが落ち着き、少しずつチャンスを作り始めますが、昨日と同じく決定力を欠き点を奪うことが出来ないまま前半を終えます

後半も神戸がボールをキープし続けますが、惜しい場面は作るも点を決めることが出来ません
すると神戸のトラップミスからFUGAがカウンター、3点目を奪います
もう後が無い神戸はパワープレーを仕掛けて反撃しますが、相変わらず決定機を決められないまま時間だけが過ぎていきます
32分にはパスカットからカウンターを受けて4点目を喫します
その直後、伊藤のシュートがFUGAのオウンゴールを誘いようやく一点を返しますが、FUGAの集中した固い守りを崩せないまま残り2分にもカウンターを喰らってしまい、スコアは5-1に
そしてそのまま試合終了、FUGAは昨日の浦安に続きFリーグ勢2チームを倒しての決勝進出となりました

☆感想☆

FUGAはピヴォのトラップとキープ力が素晴らしく、ロングパスでピヴォ当てから攻撃を作っていきました
しかし、攻撃には時間掛けずシンプルなパスやピヴォの落としからシュートを撃って終わらせ、危ない場面はすぐにクリアし、カウンターを受ける場面を極力減らすなどして、しっかりリスクマネジメントが出来ていました
そして何よりもカウンターで得たチャンスをしっかり点に結び付ける決定力を持っていました
対して神戸は決められなかった
これがFUGAの勝因であり神戸の敗因でした

神戸は来期に向けて個人技から組織的な戦いへの過渡期なのか、前半に須藤が何度かドリブルを仕掛けた以外にほとんど個人で仕掛ける場面は見られず
もちろん主力を欠いていることもあるとは言え、全くいい所を見せないままの惨敗となってしまいました
引いた相手を崩すのは難しいけれども、もう少しアイディアが欲しかったかな

明日は三位決定戦と決勝があります
どのチームも今シーズンを締め括るいい試合を期待したいものです
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 もはやRO日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。