ROのSes鯖に住む小規模Gのブログ、RO以外もあるでよ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
PUMA CUP 2009 準々決勝@代々木第一体育館
2009-03-14-Sat  CATEGORY: Fリーグ
見に行ってきました!
フットサルの試合を4試合も見れるなんて・・・幸せ(*´∀`)
ただ見るだけじゃなんなので、ちょっと試合レポートなんかを書いてみましたよ!
目指せフットサル記者(ぉ


<第一試合>

名古屋対エスポラーダ
Fリーグ王者対来期からの参入チーム、という対戦です

前半は名古屋があまり仕掛けずボールを回す落ち着いた展開でスタート
エスポラーダは引いてこれを受け、中々攻め込むことが出来ませんでした
名古屋は早い段階で2ndセットに変更しシジネイやマルキーニョスの個人技で少しずつチャンスを作っていき、高い位置でボールを奪ってゴールを奪います
その後も圧倒的にボールを支配しシュートまで持ち込みますが、前半はその1点のみに終わります

後半は前半開始と打って変わって、名古屋が積極的に仕掛けます
2つのセットを回して、前半よりはドリブルを効果的に使って押し込んでいき、立て続けにゴールを奪います
エスポラーダもカウンターから何度か決定機を作りますが、名古屋の落ち着いた守備もありゴールを奪うことが出来ません
逆に名古屋にカウンターから失点をしてしまい、その差を5点に拡げられてしまいます
それでも、個人技から1点を返し一矢報いることに成功しますが、直後にミスで自滅してしまい、6-1で名古屋の勝利に終わりました。

☆感想☆

名古屋はやはり強い
上澤や定永が何度かパスミスを繰り返し、ちょっと不安を感じさせる場面もありましたが、それ以外大きなミスも無く、終わってみれば盤石の勝利でした
攻撃をシュートで終わらせられるってのは、大きいなと改めて感じました

エスポラーダも王者名古屋を相手に堂々とした戦い、これは来期から期待できそうかな
特に個人技からゴールを奪った嵯峨選手は自信になったはず!
ただ、負けたら終わりのカップ戦で4点ビハインドの場面なのにパワープレーも仕掛けず、ラスト3分になってようやく仕掛けるとは…もっとはやく動いても良かった気もするけど、まだあまり練習してないんだろうか?
タイムアウトも中々使わなかったし、勝つための動きをあんま感じなかったなぁ

あと個人的に気になったのは、完山が金髪になってたこと。
最初全然気付かなくて、途中まで、誰?とか思ってましたw


<第二試合>

大分対神戸
ドリブラー集団大分対個人技集団神戸、と熱い戦いになりそう
神戸はエースの原田を怪我で欠き、さらにブルノとフランキもいないとは!
予選では西谷が頑張ってたけど、ちょっと不安…

前半開始早々に小曽戸のドリブルシュートで大分が先制
その後も大分はゴレイロの青柳が高い位置とってのパス回しからドリブルでがんがん仕掛けます
対して神戸は須藤の個人技で対応します
攻守の入れ替わり激しい戦いが続きますが、少しずつ落ち着き始めたところで神戸が同点に追い付きます
そこで、再び大分がギアを上げ始めますがパスミスから失点してしまい逆転を許したところで終了

後半まずは大分が攻めますが、ラストパスや連携プレーでのミスが相次ぎ、中々シュートまで結びつけることが出来ない状態が続きます
しかし、25分にようやく何度も仕掛けたドリブルが実り、サイドからのクロスで同点に追い付くことに成功します
そしてここから神戸の時間帯に入ります
神戸がフルコートのプレスを仕掛け始め、大分はパスを繋ぐことさえ出来なくなります
が、神戸も圧倒的にボールをキープしながらも決定力を欠き、点が奪えない状況に苛立ち試合は荒れ模様に
終盤大分がカウンターからゴール前に入り込むも潰されてしまい、逆に神戸がカウンターから勝ち越しに成功します
ただ、このプレーが神戸ゴール前に大分の選手が倒れたまま行われ為、大分が猛抗議
両チームは一触即発ムードとなります
残り2分、パワープレーを仕掛けなんとか追い付きたい大分は、試合終了と同時にゴールをこじ開けますが、無情にもホイッスル後
審判に詰め寄るも当然覆ることは無く、神戸の勝利となりました

☆感想☆

内容だけなら神戸の完勝
原田、ブルノと両エースを欠いているだけに、決定機をものに出来ない場面が多く、結果はどっちに転んでもおかしくない状態でした
しかし、明日の対戦相手は、おそらく浦安になるだろうということを考えると、少し厳しいような…
決めるべきところで決められないと、今日のように荒れた試合になっちゃいそうだなぁ
(追記)相手はFUGAになりました(´・ω・`)

大分は小曽戸の個人技と後半終了間際の猛攻以外にあまり見るところが無く、少し残念でした
連携やパスミスが減れば得意のドリブルも生きてくるだけに、上手く修正していって面白いフットサルを見せて欲しいですね

須藤の髪型が某ネズミのキャラクターのような奇抜なものになっました、面白いなぁ
あと田中は倒れた相手に手を差し出したり、両チームが揉め始めたときいち早く間に入ってキャプテンを止めに入ったり、いい人だなぁ
プレー含めてまた好きになりましたよ(*´∀`)


<第三試合>

大阪対町田

前半はハイプレスでボールを奪いパスを回す大阪とフィードからピヴォに当てていく町田という図式
町田には絶対的なピヴォであるジャッピーニャがいるため、なんどかカウンターからチャンスを迎えます
2ndセットに変えてからはフィードではなく、パス回しに意向して少しずつ攻勢にでますが、大阪も岸本を入れて流れを引き戻そうとします
どちらもシュートまで持っていけない状況が増え、カウンターを止めるためにファールが相次ぎます
この流れを切るために町田がタイムアウトをとり、これで両チームとも一旦落ち着きを取り戻し、残り3分となったところで大阪の攻撃が身を結び、村上のゴールで大阪が先制に成功
町田もミドルシュートやジャッピーニャの個人技でゴールを狙いますが、藤原の好セーブもあり大阪リードで前半を終えます

後半は開始からすぐに町田が攻勢に出ますが、ここもシュートに繋げられず大阪のカウンターを何度も受けることに
一度大阪のパスミスから決定的な場面を作りますが、ここも藤原のファインセーブに阻まれ好機を逸します
その後、お互い決め切れない時間が続き迎えた後半残り6分、町田がパワープレーに打って出ます
パス回しからボブソンの強烈なシュートが枠を捉えますが、ここも藤原がセーブ
惜しい場面を作るものの得点が奪えない町田は焦りからかパスミス、シュートミスを連発、これを見逃さず松宮、試合終了間際には一木がゴールを決め、終わってみれば大阪の完封勝ちとなりました

☆感想☆

一点差で苦しい場面が続く中、何度も決定機を阻みゴールを守り続けた藤原は素晴らしかったと思います
攻撃面では終わってみれば3-0という結果ですが、最初の1点以外に決定的な場面をほとんど作ることが出来なかったのが残念でした
村上、奥田、一木と三人が警告を受けてしまったのもちょっと不安かな
とは言え、次の相手は名古屋なのでそんなこと気にする余裕は無さそうですけどね
(追記)警告を受けたのは奥田じゃなくて林、一木じゃなくて瀬戸でした、見間違え過ぎだ・・・

町田は、シーズン後半戦の不調を引きずっているのかな?
運にも見放されてる感じで、決定機をことごとく阻まれてしまい、シュートを撃てども点が入らない状態
いい選手が揃っているだけに、奮起して欲しいものですね


<第四試合>

浦安対FUGA
我らが浦安と対唯一Fリーグ以外からの参戦となったFUGAの対戦
去年の大会優勝チーム、Fリーグ二年連続準優勝チームとして絶対負けてはいけない戦いになります
逆にFUGAはどこまでやれるか、番狂わせはあるのか!?

前半開始からFUGAが攻め込みますが、ロングボールばかりで得点の気配は無し
ただ、勢いに押されて浦安もすこしやりにくそうな状態が続きます
しかし、2ndセットから少しずつ浦安がペースを掴んでいきシュートを撃ち出しますが決定的な場面はあまり作れず、FUGAもゴール前でフリーキックのチャンスを得ますが、川原のセーブに阻まれます
浦安はボールを回すだけで、引いて守るFUGAを崩すことがほとんど出来ず、稲葉の個人技以外でチャンスらしいチャンスを作れないまま前半終了となりました

後半開始から浦安は得意のパワープレーで点を奪いに行きます
ところが、相変わらず落ち着いて守りを固めるFUGAを崩せないままシュートを止められ、逆に先制点を奪われてしまいます
これで勢いづいたFUGAが攻勢に出ますが、浦安も前に出て試合は次第にオープンな撃ち合いになりますが、次第に浦安ペースに戻ります
段々と決定機を作ることが出来るようになりますが、相手ゴレイロが壁のように立ち塞がりゴールを奪うことができません
残り時間が少なくなり焦る浦安は、強引なシュートが増え始め、ついにカウンターから2点目を奪われてしまいます
さらにフリーキックから3点目を奪われ万事休す
最後は浦安のパワープレーを防ぎきり、FUGAがまさかの完封勝ちを収めました

☆感想☆

この番狂わせは予想してませんでした、浦安がこんな早く姿を消すとは思いませんでした
浦安は多くのチャンスを作り出していたけれど、稲葉の個人技以外に得点の匂いが全くせず、点が取れないことの焦りが後半開始早々のパワープレーに繋がり、そこでの失点がこの結果に繋がったのかな
応援してただけに残念でした(´;ω;`)

FUGAは守備が堅く、耐えて耐えてのカウンターで前回大会優勝チームを倒しました
特に2点目のゴールは素晴らしかったしゴレイロは最後までゴールを許さない鉄壁振りを披露してくれました
本当に素晴らしい戦いで番狂わせを引き起こしました
明日の神戸との対戦、今日のような粘り強い守備を発揮出来れば、まさかはまた起こるかもしれない!


そんなわけで以上!
只で4試合も見れるとは・・・満腹です(*´∀`)
試合の合間に携帯でこれ打ってたお陰で、全然退屈しなかったよw
明日も明後日も書こうかな、ただの自己満足だけどねw
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 もはやRO日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。